【ひとり旅】甲府駅近くで食べる・飲む・買う

ワタクシは動き回るのが好きではないので、基本的にはメインステーション付近で事済めば有難いと思うタイプ。

 

そんなワタクシが甲府で、食べたり飲んだり買ったりした場所の覚書。

 

 

 

1.フォーハーツカフェ山梨文化会館店

 

甲府で大人気のフォーハーツカフェの2号店ってことで、有名ブログのこちらでも紹介されてる素敵なカフェ。

 

地産地消!行ってみよ!と思って行ってみました。

シャレオツな空間だったけど、閑散としていて不安を覚えたり、、、

まぁ、ランチタイムも終了の中途半端な時間帯だったしね!

 

食べたのは、コチラ。

シンプルなバタークレープにアイストッピングして、ドリンクセットで1000円程度だった気がする、、、。

 

お味は、美味しい!

美味しい!、、、んだけど、まぁ、それだけっていうか、、、。

地産地消って言っても、やっぱクレープじゃわかんね、、、っていうか、、、。

わざわざ旅行者が食べなくてもいいかな、みたいな。

通常メニューも美味しそうだし、近所にあったら良いのにね。

キャッシュオンリーでクレカ使えずと、客席とレジの間に壁があって、お客さんに全く目が行き届いていない感じもなんだかなー、だった。

 

 

2.甲州ワイン蔵

 

甲州夢小路にある国産ワイン販売とテイスティングバー。

右手がワイン販売の店舗、左手がテイスティングバー。

 

 山梨のワインが一通り揃っていてワイン好きには持ってこい。

なにより、テイスティングバーが気に入った。

 

ワイン販売を陳列している店舗で気になる銘柄があったら、番号をメモる。

この場合、K5。

 

で、その番号を隣のテイスティングバーのスタッフに言う、って感じ。

特に販売店舗でメモらなくても、バーの中でも説明POPがあって選べるけどね。

ちなみに、日本酒もあるよ!

1杯432円で、ハーフサイズで216円。

上は、ハーフで頼んだ量。あくまでテイスティングならハーフで十分。

 

美味しそうなおつまみと共に、いろいろな味を少しづつ味わえるのは好きだな。

 

おひとり様でも居心地の良い空間であった。

 

ちなみに、桔梗屋カフェの「和カフェ黒蜜庵きなこ亭」は、ワイン蔵の先にある。

閑散とした甲州夢小路の中でひと際賑わっていたわ。

桔梗屋系お土産が揃っているから、お土産はここでまとめて買うのが吉。

 

 

3.Hops & Herbs ホップス&ハーブス

 

甲府で有名なクラフトビールのお店。

ビールも食べ物も美味しかった!

 

でも、都内で愛用のクラフトビアマーケットでも飲めるしな、クラフトビアマーケットも食事美味しいしな、と思うと、わざわざ旅行で来なくても良いかな、という感想になってしまった。

と、いうのも、たまたま運が悪かっただけだと思いたいけど、客層がイマイチだったのが要因かなー、なんて。酔っぱらって大声で自分語りするおっさんとか大学生とかさ、マナー悪いなーってね。昼間でこの客層かー、みたいなね。

 

4.小作

定番の小作。言わずと知れたほうとうの小作。

 

隣の「奥藤本店 甲府駅前店」でもほうとうを食べたけれど、小作の方が圧勝だった。

旅行者としては名物のほうとうは食べたいし、他のメニューも美味しいらしく居酒屋使いに向いているらしい。

次回はそのように使ってみたい。

 

ちなみに子連れウェルカムで利用しやすい点も良い。 

 

5.奥藤本店 甲府駅前店

okutou.com

 

小作と食べ比べたくて行ってみた。

ほうとうはお店が煮込んだ物を提供するのではなく、卓上コンロで自分で煮込む。

結果、旅行者のイメージするほうとうとは違い、言うなれば味噌煮込みうどんだった。

いや、これでほうとうって間違いないけど、こちらは旅行者なのでイメージを大事にしたい。というわけで、小作の方が良いね、となった。

ただし、とりモツは美味しいので、お薦め。

 

 

6.イオンリカー ココリ甲府

駅近でひと通り見た感じ、お酒の品揃えはここが一番だった。

季節入れ替え品とかのディスカウントも有るし、サービス品もあるし、山梨産のワイン・日本酒が豊富に揃っていて、ここだけで買い物済んじゃう?って感じ。

 

甲州夢小路のワイン蔵や甲府駅のセレオ甲府2Fのワインセラーにあるような正統派山梨ワインはもちろん、ほんとに色々なジャンルが揃ってて気軽に買える雰囲気が酒好きには持ってこいかと。

特にワタクシが寄った時は、地元の七賢に力入れてたから、旅行者的にもイオンリカー最高!ってなった。

 

 

 

7.山交百貨店のB1の酒屋

山交百貨店のB1はいわゆるスーパーマーケットになっている。

その一角に、リカーショップと旅行者向け山梨土産が売っている。

 

生タイプのお酒、ここのリカーショップでしか見掛けなかった。。。

 いや、探せば他にもあるかもだけど、なんせ甲府初心者なのでここでしか見つけられなかった。

 

要冷蔵で、1本当たり500円くらい。

 

お会計はスーパーのレジでする。スーパーなので、持ち帰り用の氷があって、8月後半でも、その氷で自宅まで2時間持ったので、自宅に持ち帰るならココで買って氷を貰って電車に乗るっていうのが良いと思う。

あと、ほうとうも売ってるので、自宅用お土産購入に良いスーパー、って思う。

 

 

【ひとり旅】甲府湯村温泉「弘法湯」に泊まる(2018年8月)

 

約2週間前のお盆に家族(自分・夫・子3歳)で山梨県下部温泉に泊まったわけだが、なぜだろうなぜかしら。非常に疲れて、帰路のかいじの車内で今回のひとり旅宿を楽天トラベルでポチっとナしてしまったよ。

 

そんな癒し系ひとり旅を求めて泊まるは、山梨県甲府市湯村温泉街にある

「弘法湯」

www.koubouyu.com

 

楽天じゃらんでも予約可能で、2食付で8,000円。安いぜ!

結論から言うと最高でリピ確定の宿でした。

 

【リピポイント】

  • ぬる湯、且つ、ドッバドバの掛け流し
  • 朝・夕ともに部屋食
  • 掃除の行き届いた清潔な館内
  • とにかく落ち着く寛ぎ癒し系の空間
  • おかみさんが超絶人あたりが良い
  • メインの駅(甲府駅)からバス20分、または、タクシー15分(1000円)

などなど。

 

とにかく都内から気楽に行ける酒と飯の旨い甲府駅からさくっと行ける場所ってだけでも高ポイントなのに、癒し系ひとり旅に求められる温泉旅館の条件をすべて満たして、尚且つ安いっていうね。

 

さて、甲府駅南口からバスで湯村温泉に向かう!

山宮循環線[一高・羽黒経由] で行くと、宿から徒歩1-2分のバス停で降りられる。

 

はずだったけど、なんか乗り間違えて(たぶん循環バスの逆方面行きに乗ったっぽい)途中で降りて、結局タクシーで向かうことになった。

甲府市役所辺りから15分くらい掛かって1500円だった。

ちなみに、バス停がある付近「湯村温泉通り」っていうのは、抜け道なのかなんなのかわからないけれど、けっこう交通量が多いのに歩道は有って無いような感じで結構デンジャラスに感じた。帰りは、バスで甲府駅に行ったけど、かなり遅れて来たし(遅延がデフォらしい)。おひとり様だと痛いかもだけど、二人以上ならタクシーが正解かなぁって思う。荷物もあるしね。

 

で、お宿に到着。

 

 

この日は金曜日。

宿泊客は自分を含めて4組。下手したらみんなおひとり様?

尚且つ、女性は自分だけっぽかった。自分以外誰にも会ってないからわからんけど。

 

案内されたお部屋は1階の女性用浴場の真ん前のお部屋。便利。

 

とっても感じが良くて恐ろしく肌の綺麗なおかみさんに、お風呂の使い方とか、お部屋の中の説明を受ける。

 

お部屋は2間続きのオーソドックスな和室。

 

お茶受けは、ゆべし!

 

アメニティは、手ぬぐいと浴衣のみ。

 

冷蔵庫は昔ながらの課金式だけど、課金システムは排除されてて、

 

元々入っているのは、瓶ビールだけ。

空いてる空間に好きに入れて使ってね、とのことだった。

 

 おそらく新設されたのであろうトイレは、真新しい快適空間であった。

 

お部屋の目の前は、女性用浴場。

カゴと棚、洗面台とドライヤー(風量充分の家庭用タイプ)があるだけのシンプルな脱衣所。

 

その先にある浴場は、MAX4人程度の小さめの湯舟と、シャワー2基。

リンスインシャンプーとボディソープのみ。

 

湯舟からは、ドッバドバにお湯が掛け流されてて壮観だった。

 

この日は女性が一人だったのか、どの時間でも誰とも会わずにお湯を独り占めできて超絶快適。

お湯は、40度弱?のぬる湯。

微炭酸が身体に付いて温浴効果があるとか。

熱い温泉よりも、ゆっくり入れるぬる湯が好きなので、ここのお湯はまさにうってつけで本当に気持ち良かった!

 

が!

 

入り方が悪かったのか、満腹状態で入ったのがマズかったのか、、、

グロッキーになってしまい寝込む。

 

たぶん、満腹状態で濃いお湯に入って消化不良になっちゃったんだろうなぁ。。。

 

それでもやってくる夕食タイム。(チェックインした時に希望の時間帯を聞かれる。18:00~19:30くらいで30分間隔?)

 

満腹だったから19:30でお願いしていたものの、グロッキー状態は改善されておらず、ほとんど手を付けられなかった、、、。

 

 ワタクシの好きなオーソドックス旅館飯に鳥モツが入るなど満足できる内容。

しかも白米が旨いのが良い。(ほとんど残してしまったが)

 

 

翌朝には元気を取り戻して、早朝から入浴もしたし、朝食はおひつの白米も全て完食できた!

おかみさん手作りの梅干しがとても美味しかったよ!

 

お風呂だけど、貸切風呂もあって、場所は女性用浴場の近くの階段を上がった踊り場にある。

 

 

最大2人?くらいの小さな家族風呂。

 女性用浴場より熱めに感じるなぁ、と思ったら、貸切風呂は通年加温してるらしい(男女別風呂は寒い時期のみ加温)

 

やっぱぬるい方が好きだなぁと思ったけれど、掛け流しの家族風呂で子連れも気兼ねなく入れるので、ますますこの旅館良いわ、と思った。

 

チェックアウト後は、すぐ近くの塩澤寺へ参拝。

 

 

地元で由緒あるお寺らしい。

 

天然記念賜の 舞鶴のマツ

 

そして、徒歩で湯村ホテルB&Bまで南下(5分掛からない)して、そこのバス停から甲府駅に向かった。

時刻表を10分過ぎてもバスが来ないからタクシーで行こうかな、とさえ思った。

ググったらそういうもんだ的情報があったから、そういうもんだと待つかタクシーかお好きなほうで。

このバス停の目の前が富士屋ホテルとセブンなので、時間つぶしとタクシー拾いには苦労しなさそう。

 

ついでに、湯村ホテルB&Bの目の前のこちらは、甲府で有名なインドカレー屋らしい。

www2.ybs.jp

 

我が家から気軽行ける甲府湯村温泉。非常に気に入りました。

いかんせん、土曜日ひとり泊のプランが見つからないのが辛いところだけど、ぜひまた行きたいなぁ。(湯村温泉B&Bは風情が無いからな、、、旅館タイプが良いなぁ。。)

 

【ひとり旅】イスタンブール空港のTKラウンジ

【オルヴィエート@イタリア 2017.11】

 

約2年振りのイスタンブールTKラウンジ。

 
f:id:motsurinko:20171103150958j:image

来ない間にクーデターとかあって、CIPラウンジから勝利のなんとかラウンジに名前が変わったらしいけど、TKラウンジで統一されてるっぽい。


f:id:motsurinko:20171103140423j:image

中身は全然変わってなくて、相変わらず食事が美味い。

ホテルビュッフェが好きな人はココ好きだと思う。

 

成田発フライトは4時とかの超早朝に着くから、ラウンジこんなに空いてて快適なのよ。

 
f:id:motsurinko:20171103140339j:image


f:id:motsurinko:20171103140403j:image

野宿組もチラホラいて、ソファの向き変えて簡易ベッドにしててもOKな様子。

 

早朝でもサラダとドリンクは常設だし、

f:id:motsurinko:20171103140456j:image

f:id:motsurinko:20171103140517j:image

 クリームチーズ、美味しかった!


f:id:motsurinko:20171103150449j:image

 

ホームメイドドリンク系はどれも美味
f:id:motsurinko:20171103140817j:image

ホットティーも変わらず豊富
f:id:motsurinko:20171103140838j:image

 

5時には作りたてのパンとかパニーニとか トルコ風ピザとか、卵料理シェフとかも出てくるし、

f:id:motsurinko:20171103141030j:image

 
f:id:motsurinko:20171103141045j:image

7時にはデーメルのケーキたちもお目見え。


f:id:motsurinko:20171103141119j:image


f:id:motsurinko:20171103141141j:image

このホームメイドアップルケーキ、美味しかった!

f:id:motsurinko:20171103141233j:image


f:id:motsurinko:20171103141250j:image

ワインもいっぱいあるんだけど、なぜかこちらのラウンジではあまりアルコールは進まなくて、あんまり飲んだこと無し。

 

で、これを飲んでみた。


f:id:motsurinko:20171103150813j:image

美味しかった❗

 

ラウンジは7時頃から混雑し始め、座る場所どこ?ってなって、人多すぎでざわざわしてて落ち着き無くなるのが残念。

特にひとり旅だと、席確保したらなかなかトイレに行けないのも難点。

 

でも、混雑も波があって、8時過ぎに一旦落ち着く(空く)ので、トイレは波に任せて行くのが吉かな。

 

その後、11時くらいまでは比較的空いているものの、シャワー待ち時間は二時間待ちとか言われるから、シャワー使いたければラウンジ入場と共に受付くらいの勢いが大事。

 

11時からはランチタイム!

肉料理やピザやパスタに列を成す!


f:id:motsurinko:20171103172249j:image

みんなも好きなのね。


f:id:motsurinko:20171103172023j:image


f:id:motsurinko:20171103172047j:image

美味しい❗

ちなみにマッシュルームスープも個人的に激ウマ。

 

【ひとり旅】ターキッシュエアラインで行くローマ TK52 & TK1865 & TK1866 & TK53

【オルヴィエート@イタリア 2017.11】

 

今回のターキッシュエアラインの行程はこちら

 

TK0053

TOKYO/Narita 21:25 → ISTANBUL/Ataturk 04:05(翌日)

 

TK1865  

ISTANBUL/Ataturk 12:55 → ROME/Fiumicino 13:35

 

TK1866 
ROME/Fiumicino 14:35 → ISTANBUL/Ataturk 19:15

 

TK0052

ISTANBUL/Ataturk 02:10(翌日) → TOKYO/Narita 19:50

 

まず、成田→イスタンブールのTK53は、関空撤退・成田減便が響いて噂通りの満席❗

で、ほぼ半分はツアー客?ってくらいに団体さんが。でもって高齢者率高くて、ホントすごいなって思う。

アラフォーの私でさえ、バルク以外のエコノミーやべぇって思うのに、高齢者大丈夫?みたいな。

 

私の席は40D


f:id:motsurinko:20171103115150j:image

 からの風景。

ご覧の通り謎のキャビネットに挟まれているわけだが、この観音開き扉の向こうは機内食運ぶキャリーが入ってて、機内食の度に日系CAではお目にかかれないレベルの雑さでガンガンぶつけてキャリーを出すんですよ。当然、私の肘掛けにガツンガツンですよ。

さらにもうホントすぐ斜め後ろがトイレで、まぁうるさいわ、顔の横にお尻な位置で待つ人いるわで、なかなかのBAD席。

リクライニング倒し放題の一番後ろ好きだから、う~ん、私は我慢出来るけど、、、って感じ。


f:id:motsurinko:20171103120223j:image

足下はこんな感じで、フットレストは有っても、タイ航空会社みたいに段階止め出来ないから意味ないみたいな。

 

サービス面ではロクムを配るのを止め、深夜のミネラルウォーター配りを止め、経費節減が伺える様子。

 

f:id:motsurinko:20171103121253j:image

機内食は魚かチキンで、チキンにしたらターキッシュエアラインとは思えないイマイチっていうか固すぎ肉だし、量も質も落ちてるような、、、?


f:id:motsurinko:20171103120724j:image

2回目の機内食は和食にして、美味しかったけど、やっぱ前より質素じゃない?

 

機内エンターテイメントは選びやすいし、良いレベルかな。

 

トムハンクスの『インフェルノ』観たら、恐ろしくつまらなくてヤバかった。

ダヴィンチコードとか天使と悪魔とか謎解きすごく面白かったのに、インフェルノは全然で映画館で観たら金返せレベル。

 

レオナルド・ディカプリオの『レヴェナント』もつまらなかったわ。レオがとっても良い俳優なのは分かるが、ストーリーが、あぁそう、、、っていうか何も残らないっていうか、主人公も色々と反省すべき点はあるよねっていうか、そんなモヤる内容。

 

『Xメン2』は気づいたら寝てた。

 

アタトュルク空港に着くと、沖止めではなくボーデングブリッジで空港内へ。

早朝だからトランジット検査場も混んでなくて良かった。

 

【ひとり旅】成田空港 UAラウンジとANAラウンジ

【オルヴィエート@イタリア 2017.11】

 

成田空港でスタアラGは、ユナイテッド航空のラウンジとANAのラウンジが使えるけど、断然ユナイテッドラウンジが推しな件。

 

ANAラウンジは、まずもうね、ほんとにね、客層がひどい。

 

マナーの悪い日本人多すぎ。

 

大声でお喋りしたりなんか妙にテンション高めな一度に遭遇しがち。

あと、ラウンジにいるオレかっけーみたいな会話とか電話とかよく耳にする。

 

思うにワタクシのような基本エコノミーのくせにステータスマッチ長者でラウンジいます、な人たちではないかと。

 

ユナイテッドは、プライオリティ乞食が排除されてから落ち着きを取り戻した感。

 

食事もANAよりバラエティーに富んでて美味しいし、客層は悪くないし、何よりスペースが広いから解放感があってよろし。

 

で、本日のユナイテッドラウンジの食事。


f:id:motsurinko:20171102202326j:image

ワインは白が美味しかった


f:id:motsurinko:20171102202526j:image

 

 

 

【ひとり旅】2017年度ターキッシュエアラインELITE 資格保持の為の旅はオルヴィエートに決定

【オルヴィエート@イタリア 2017.11】

 

ターキッシュエアライン(TK)のエリート資格保持の為、を言い訳にして実行する恒例のひとり旅。

 

今回はイタリア・オルヴィエートに決定。

 

11月の連休に行けば有給休暇2日で済むやんけ、ってことで日程決めて、TKで航空券探し始めたのが、10月上旬。

大好きなスペインとか、行ってみたいポルトガルも考えたんだけど、高いんですよ!航空券がっ!

14-5万するんだけど、夏休みかよっ!

 

子守りを託す旦那の休暇に合わせないとならないから、日程変更は無理。

ってことで、この日程で安いところを探さなきゃ、、、。

旦那は「5万位の違いなら行きたい国に行きなよ〜」とかのたまってたけど、逆にそんなに高い航空券買っちゃったら楽しむ気持ちになれないわ。

納得出来る予算内で楽しみたい!スペイン・ポルトガル以外じゃ楽しめないわけじゃ無いんだしさ。

 

ってことで、TKサイトで目的地を変えながら粛々と航空券を探すも、この日程、ほんと高いのよ。1日ずらすだけで5万は変わる勢いで。

そんな中、なぜか唯一ローマ行きだけ10万とかだったので、行き先っていうかIN-OUTはローマに決めた。(それでも8万前後がデフォなTKにしちゃ高いが)

 

現地滞在時間よりもイスタンブール空港でのラウンジ滞在時間を重視するアフォなので、現地終日フリーは実質2日(しかも土日)なんだよね。

 

そんなんでローマだと疲れちゃうなぁ、フィレンツェとか移動するのもだるいなぁ、帰国翌日から仕事だし美味しいもの食べてのんびり出来る田舎がいいなぁ、、、ってことで、行き先はオルヴィエートに決まりだよね!

 

オルヴィエート、、、行きたいと思いつつも行けてないこと約3回。

ローマ滞在優先で辞めたり、電車に乗り遅れて(テルミニのホーム、端っこ過ぎるだろ)行く気無くしたりで、なんかずっと行けてない場所なわけだが、果たして今回は無事に辿り着けるのか?!

 

実質2日のフリータイムの内1日の土曜日はローマに行くのを検討中。

大好きな思い出の食堂「Alfred da Ada」(https://g.co/kgs/uQvR2T)でランチするのが目的。ここは日曜休みなので土曜しか行けない!

オルヴィエートは天気の良い日に散策したいから、日曜が晴れるようならベスト。

土曜が晴れで日曜雨ならローマ行きは無しで、2日間ともオルヴィエートを満喫。

ってことで、現地での天気次第で行動が変わるかな。

 

オルヴィエートはゴハンが美味しくて治安が良いらしいので、夜のひとり飯からの帰宅も余裕っぽいから、そういうのも楽しもうっと。ローマじゃ無理だもんね。